すぐれた直感はどのように得るか?

直感がひらめいた!

あなたは自分の直感に自信を持っていますか?
「心と直感に従う勇気を持ちなさい。それは、あなたのなりたいものが何なのか知っているものだ。それ以外は二の次でいい」
と言ったのは、あのスティーブ・ジョブズです。

直感を鍛えると選択がうまく行く

私たちの毎日は選択の連続です。情報を徹底的に集めたり、思考に思考を重ねたりしても、意思決定することが難しい状況はよくあることです。
「すぐやる人」は、とにかく直感が鋭く、チャンスを組み分ける嗅覚を持っています。

例えばサッカーでは得点能力に優れたストライカーは「なぜかそこにいる」ということが頻繁に起こります。

インタビューなどで得点シーンを振り返るときも「そこにボールが来ると思った」と、一般人からすると予想もできないような場所に出没して、ゴールを決めてしまいます。

迷い、判断が1秒遅れていたらゴールはあげられなかったしょう。まさに直感が瞬間的に働いてるのです。

ジョブズの例もそうですが、世界のエグゼクティブも論理的に突き詰めて考えている用に見えても、最終的には自分の直感で大切なことを決めていることが多いものです。頭で考えてもダメなことがたくさんあるからです。

しかし、教育の過程で考えすぎてしまう癖が付いてしまうと、どんどん直感が鈍っていってしまいます。
人生でもビジネスでもどんなときでも、生き残る動物的な直感を持っている人は強いのです。

特に人生には浮き沈みがあります。「潮の流れ」と言ってもいいかもしれません。うまくいくときはとことんうまくいく。ダメなときは何をやってもダメ。
このような潮を読み、ここぞと言うときに勝負する人はいつの時代にも強いわけです。

勝負どころで迷わず、「すぐに行動できるかどうか」の直感を鍛えることで仕事やプライベートでも大きな成果を出すことができます。

直感力を鍛えるための方法は様々ですが、中でも需要なものを2つご紹介しましょう。

直感を鍛える方法

脳を鍛えて直感力アップ
1つはまず経験をたくさん積むこと。「量質転化」とも言いますが、とにかくチャレンジをたくさんすることです。量が質を生むということですが、とにかく経験値が必要です。

「下手な鉄砲、当たればラッキーかな」というような気持ちではなく、上手く行かなかったら、しっかりと改善策を考えることです。

サッカーのストライクもそうですが、ひとつひとつのチャンスにこだわり続けているからこそ、直感力が磨かれ、いざというときに体が自然と反応するのです。

将棋の羽生善治さんは「直感の7割は正しい」とおっしゃっていますが、これはなにもあてずっぽうからくるのではなく、思考に思考を重ね、たくさんの経験を蓄積しておくからこそ、ふとした瞬間に直感が働くのだそうです。

もう一つは右脳を鍛えることです。
私たちの脳は左脳と右脳に別れていますが、左脳は論理的な思考を司っていて、右脳は感性脳と言われ芸術的な感性を担っています。直感力を鍛えるためには、この右脳の働きを高める必要があります。

子供の頃は右脳を鍛える機会も多かったのですが、大人になるとそれは難しくなってしまいます。そのひとつの原因が映像に頼るようになってしあうことです。映像は簡単で分かりやすく、想像することを求めません。

子供の頃、母親に絵本の読み聞かせをしてもらった人も多いでしょう。
子どもたちは物語を聞きながら頭の中で、ひとつひとつのシーンを頭の中で描きます。言葉や文字だけを頼りに頭の中でイメージを描くのです。

この時右脳は活発に働き、刺激されています。小説や物語をたのしむことは想像力を必要とするので、右脳を刺激します。
それは直感力を鍛えるための最高のトレーニングでもあるのです。

ビジネス書にはビジネス書の良さがあり、私も読むことが大好きです。しかし、ときには直感力を鍛えるために小説を読み、頭の中にイメージを膨らませてみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です