やる人とやらない人の特徴は?

やらない人のたまり場

先にご紹介したように、何かに取り組むときは自分の意思力に頼るだけでいると、物事が前に進まないことがたくさんあります。
ラクできるものならばラクをしたいという気持ちを持つことは人間として自然なことなのです。

だから周囲を巻き込むことで行動力を高めることができるのです。

しかし、周囲を巻き込むとき、どのようなアクションを起こすかで「すぐやる人」と「やれない人」では大きな差がつきます。

やる人の特徴

「すぐやる人」は誰かにお願いするときに、漠然としたお願いはしません。
漠然としたお願いは相手を困らせることになることを知っているからです。

例えばアポをとって相談に乗ってもらうとき、あなたは日程調整をどのようにしていますか。自然消滅してしまっていませんか?

「すぐやる人」は3つの選択肢で相手に問いかけます。「3月15日、18日、23日でどこかお時間ありませんでしょうか」といったように、相手の予定を伺います。

「では3月15日でどうでしょうか」という返事がくることもあれば、いずれも予定が合わないこともあるでしょう。

ただ相手にとって三択は相手のアクションを促しやすく、「24日だったら開いているのですが、どうでしょうか」と返事がくる可能性が高くなります。

つまり、選択肢を絞って提案することで、アポ取りに成功する確率はとても高くなるということなのです。

やれない人の特徴

「やれない人」はアポを取るときに「いつが相手いますか」や「今度時間があるときに会って貰えませんか」というように漠然とした質問を相手にといかけます。
すると、相手は選択肢が無数に与えられたことになります。

例えば「6月中であれば、いつがいいですか?」という問いでも、30日分の選択肢が与えられることになります。30もの選択肢が与えられた人は選択することが難しくなってしまい、相手はアクションを起こしにくくなってしまいます。

今では有名なセオリーとなりましたが、心理学者バリー。シュウォルツの「選択のパラドックス」は選択肢の多さは無力感に繋がると説いています。

また、コロンビア大学ビジネススクール教授のシーナ・アイエンガーが発表した研究によれば、24種類のジャム売り場と6種類のジャム売り場では、前者は後者の10分の1のうりあげしか上がりませんでした。

選択肢が多いことで相手に自由を与えることができますが、一方で相手がアクションを起こしにくい状況を引き起こしてしまうリスクがあるということなのです。

みつをの言い訳
だからと言って、一つに決めつけてしまったり、2つに選択肢を絞込過ぎてしまうと、相手は自由を奪われたと感じてしまって、抵抗感を持ってしまいます。

つまり、相手ときちんとアポを取りたいければ、自由選択式での質問を相手に投げかけるのではなく、3つくらいに選択肢を絞ってから相手に問いかけてみるのです。

そうすることによって、相手は選択肢が絞られていることで検討しやすくなり、何かしらのアクションを起こすモチベーションも高まるのです。

「すぐやる人」はこのことを理解しているので相手にA案、B案、C案を提示することで相手のアクションを喚起し、相手を巻きこんでいくのです。
周囲を巻き込むことができればあなたもアクションを起こすことになるでしょう。

巻き込むスキルは行動力を高めてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です