逆算するか?積み上げするか?あなたはどちらのタイプ

考える人

「逆算思考」と「積み上げ思考」。
聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか?
逆算思考とはまずゴール設定をして、底に到達するには、今何をして、どのように進めていくのかを決めて、そのプランに沿って行動していくという考え方です。
積み上げ思考は、逆算思思考とは逆のアプローチです。どこまでいけるかは分からないけれど、今出来ることを精一杯やるという考え方です。

確かにビジネスやプライベートにおいて逆算思考は多くのメリットを私たちにもたらしてくれます。

逆算思考は料理のようなものです。作りたいもの、つまり作りたい未来が明確に決まっているのです。とりあえず混ぜて炒めたら、こんなものができた、というわけではありません。

逆算至高とは?

逆算思考には、到達したいゴールがあり、そこに向かってアクションを積み重ねていくので、道筋が明確で、行動にいつも基準があります。
例えば、カレーを作るならば、どんな具材が必要で、それらをどう準備して、どう調理して、どういう順番で鍋に入れていくかを考えます。

また、ゴールを明確にすることは、やらないことも決めることですので、ムダもありません。東京から京都に向かうときに、わざわざ仙台に行く人はいません。それと同じです。逆算思考をすることで基準が持てるので、行動が具体的になります。

特にビジネスでは「何を成し遂げる必要があるか」といったゴールと、その締切が明確に定められていることが多いので、逆算思考はとても有効でしょう。
「これは今やらないと間に合わないぞ」ということも分かります。

「やれない人」は逆算思考を持っていません。ゴールを考えられませんので、「なんとなく頑張れるところまで頑張れました」というように考えがちです。

積み上げ思考も大事

ただ一方で「すぐやる人」は積み上げ思考も否定せず、ときに必要だとも考えています。
どんなときに有効かというと、目標が設定しにくいときです。

自分自身での夢を持とうとしたり、目標を設定しようとしたりしても、何がしたいのか分からない人が最近増えています。彼らの気持ちを考えれば分かります。

夢や目標を無理に持とうとしても、気持ちは乗らないでしょう。今の時代はかつてないほど選択肢に溢れ、どの扉の向こうに、心から生きていることの喜びを感じている自分がいるのか、選択に迷ってしまいます。

そこで「将来何に繋がっているのか今は分からないけど、やってみたいからやってみる」という選択肢は持っておきたいものです。

積み上げ思考のイメージ

スティーブ・ジョブズが大学を中退して書道を始めたのは、美しいフォントを生み出すためではありませんでした。しかし、書道に惚れて始めた先に待っていたのが、Macの美しいフォントだったのです。
人生に芸術性をもたらすのは「やってみたい」と思う純粋な心かもしれません。

心理学では「内的動機付け」とも言いますが、「好きこそものの上手なれ」ということわざのように、「やってみたい」「楽しい」という気持ちも大切にしたいものです。
「すぐやる人」は目標設定をしたものだけに取り組むのではなく、自分の気持ちに素直なので、興味を持ったものにアクティブに取り組みます。

私もかつては逆算思考が重要だと思っていました。
しかし、海外に行き、「やりたいことをやらないなんて、なんのために生きているのか」という考えに触れたとき、自分は自分の気持ちに素直にならずに追い込み、焦っていたことに気付きました。追い込みすぎて何もしたくない自分がいたのです。

逆算思考はゴールから考える思考法で、積み上げ思考は現時点からどんどん歩いていく思考法ですので、逆の考え方です。どちらかが重要なのではなく、どちらも使い分けていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です