諦めろという人の言葉に耳を貸すな

聞かざる

あなたが何か新しいことを始めようとするとき、大きな夢や期待を胸に抱いていることと思います。

しかし、こう言われたことはないですか?
「そんなの無理だよ」
「うまくいくはずがないさ」
なにか新しいことや未知の領域に挑戦する場合は、特に親や友人など周りから否定的な声がたくさん投げかけられます。

「やめておいた方がいいかな」と、周りの否定的意見は私たちの行動力を低下させる原因となることがあります。

特に多くの人は新しいことへのチャレンジを歓迎しません。
「現状維持バイアス」と言って、わざわざ毎日をリスクにさらしてまでチャレンジなんてしたくありません。

未知なるものや未体験のものを受け入れるよりも、現状を維持しておいた方が良い、と思う心理状態を指します。
つまり、今のままが一番楽なのです。

批判が趣味の人がいる。


よく考えてみてください。あなたがこれからチャレンジしようとしたことに、否定的な意見を唱えた人はそれに挑戦してみたことがあるのでしょうか?

おそらく挑戦しないで意見だけを言っているのだと思われます。
やったことがないから怖いのです。当然否定的な意見が増えます。

そして、人生においては成長よりも失敗の方が多いものです。あなたが失敗するとかれらは「ほらね」「やめておいたほうが良いって言ったのに」と言うでしょう。

「やれない人」や「すぐに諦めてしまう人」は周囲の否定的な意見を耳にすると、それだけで行動をやめてしまいます。
リスクを耳にしただけで、それがどんどん自分の中で膨れ上がってしまいます。

批判を歓迎しなさい

一方で「すぐやる人」は、外野とはそもそも否定的なものだと知っていて、その抵抗をエネルギーに変えることができます。
だから批判を歓迎します。批判を必要不可欠な要素だと捉えています。

それは「すぐやる人」は批判の本質を理解しているからなのです。

アメリカ建築家・芸術家のマヤ・リンの名言で、私がとても大切にしている名言があります。
「To fly we have to have resistance.(飛ぶためには抵抗がなければならない)」

飛行機が飛び立つためには抵抗が必要です。向かい風があるおかげで飛び立つことができます。あなたが批判という向かい風を感じるということは、飛び立つために必要な風が吹いているということなのです。

だから「すぐやる人」は批判に屈するどころか、批判を歓迎します。
本当にやる気があるかどうかを試してくれていたり、いままで気付かなかったことを気付かせてくれたりしている大切な存在だと捉えているのです。

私もかつては周りの否定的な声を受けると動揺し、簡単に物事を投げ出してしまっていました。
しかし、自分で意思決定し、自分の責任で行動します。

たとえ上手くいかなかったとしても失敗は成功に不可欠なスパイスだから結果を素直に受け入れればそれでいいとい思えるようになったときから、行動への迷いがうんと減りました。

周りがどう考えるかではなく、自分がどうしたいか素直に生きる。

誰しも変化は怖いものです。
周りの批判や反対を恐れていては何もできないし、たとえ批判や反対があったとしても自分の心に素直になってみましょう。

そして周りからの向かい風を全身で受け止めてエネルギーに変えていきましょう。

金剛筋シャツを着用すれば、毎日自動で筋トレが出来る
金剛筋シャツ 口コミ

きれいなお肌をすぐに手に入れたいなら
珠肌ランシェル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です